コーヒー豆のサブスクリプションをチェック ➡︎ Click Here

コーヒーの香りがリラックス効果を与える?睡眠の質が良くなるそのワケとは

コーヒーの香りから『リラックス』と『集中力』が高められるという実験結果があります。しかし、コーヒー豆の産地や種類によって、その効果は異なります。それぞれのコーヒー豆から得られる効果や、香りから作り出されるメカニズムなどを見ていきましょう。

コーヒーの香りが作り出されるメカニズム

コーヒーの香りが作り出されるメカニズム

コーヒーを豆から焙煎すると、コーヒー豆の良い香りがその空間いっぱいに広がります。これは、焙煎の過程で熱して化学反応を促進することによって起こっているものです。

コーヒー豆を焙煎する過程において、およそ800種類もの揮発性化合物が作られていくとの研究結果が出ています。しかし、わたしたちの嗅覚はこの800種類もの揮発性化合物の香り全てに、反応しているわけではありません。

驚くことにその揮発性化合物の中には、ネイルを落とす際に使う除光液や、ガソリンのような嫌な臭いも含まれています。

それでもコーヒーからその嫌なニオイがしないのは、他の揮発性化合物も一緒に混じり合うことで、コーヒー独特の香ばしい香りを作り出しているからです。

インスタントコーヒーや缶コーヒーでは味わえない香りや深い味わいのメカニズムは、焙煎という熱処理によって起こる揮発性化合物の化学反応にあったのです。

コーヒーの香りは大きく3つの種類に分かれる

コーヒーの香りは大きく3つの種類に分かれる

コーヒーの香りは、大きく3つの焙煎の仕方によって変わります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

酸味のある香りが楽しめる『浅煎りコーヒー』

『浅煎りコーヒー』は、独特の苦みを感じることなくスッキリとした軽い飲み心地です。浅煎りの特徴である酸味とフルーティーな味を嗜むコーヒーです。

焙煎することが難しいとされていますが、サードウェーブコーヒー※1が注目を浴びるようになってからは、浅煎りコーヒーも人気を集めています。

Coffeely編集部

※1 サードウェーブコーヒーとは、コーヒーブームの第三の潮流のことを指します。起源はアメリカで、『コーヒー第三の波』ともいわれています。

香ばしい香りが楽しめる『深煎りコーヒー』

『深煎りコーヒー』は、3つの中で最も焙煎度が深く、香ばしい香りを楽しめます。深煎りの特徴である苦みを味わいたい人、酸味が苦手な人におすすめです。

『深煎りコーヒー』を淹れると、その空間の空気がコーヒー独特の香ばしい香りに変わるほどです。

バランスの取れた香りが楽しめる『中煎りコーヒー』

多くの人が口にする機会の多いのが『中煎りコーヒー』です。市販されているコーヒーやお店のレギュラーコーヒーが中煎りにあたります。その名の通り、浅煎りと深煎りの中間で、バランスよく苦みも酸味も味わうことができます。

コーヒーの香りはどんな効果をもたらすの?

コーヒーの香りはどんな効果をもたらすの

コーヒーの香りがもたらす効果とは、どのようなものなのでしょうか。“アロマ”としても注目度が高く、コーヒーの香りが人間の脳に働きかける効果をご紹介します。

リラックスができる

コーヒーを淹れるとき、その香りに癒されたことがあるのではないでしょうか?。コーヒーの香りには、脳からα波(アルファ波)を出しリラックスをさせる効果があると科学的に立証されています。

仕事の合間や休日にホッと一息つきたいときは、必ずコーヒーを飲むという人がいるでしょう。それは、α波を欲している状態にあるからです。

コーヒーの香りを嗅ぐだけで、α波が多く出てリラックスできるという実験結果があります。また、コーヒーに含まれているカフェインもストレス減少効果があるため、リラックス効果が期待されています。

ただ、すべてのコーヒーでリラックスができるというわけではありません。リラックスしてホッと一息つきたいときは、香りの強い『深煎りコーヒー』を選ぶことで、より効果が期待できるでしょう。

集中力がアップする

コーヒーに含まれているカフェインが脳の中枢神経を刺激することで、集中力や記憶力を向上させます。ただし、カフェインを摂取しすぎてしまうと身体に悪影響を与えるので、1日およそ3~4杯ほどを目安にしましょう。

カフェインが効果をあらわすのは、コーヒーを飲んだ30分後です。集中したいときに合わせて、前もって飲むようにしましょう。集中力を向上させたいときは、砂糖やミルクは入れずにブラックコーヒーで飲むとより効果が得られます。

コーヒー豆の産地や種類で効果が変わる

すべてのコーヒーから同じような効果を得られるわけではありません。2つの実験結果をもとにしたデータを参考に、コーヒー豆の産地や種類から得られる効果を把握しておきましょう。

  • 20代女性10名に6種類のコーヒー豆の香りを、それぞれ5分間隔で10秒間嗅がせたリラックス効果を高める実験
  • ヘッドホン装着の被験者に「音に違和感を感じたらなるべく早くボタンを押す」という集中力向上の実験

参考元:全日本コーヒー協会

最高級のコーヒー豆『ブルーマウンテン』

『ブルーマウンテン』は、ジャマイカにある“ブルーマウンテン山脈”で栽培されるできるコーヒー豆です。ブルーマウンテン山脈の標高800~1,200mという限られたエリアでのみ栽培できます。

“黄金のバランス”ともいわれているほど親しみやすく、ジャマイカの厳しい審査を経て加工される『ブルーマウンテン』は、香りを嗅ぐだけで脳からα波が倍増するという結果が出ています。

6種類のコーヒー豆の中でも、群を抜いてリラックス効果があります。リラックス効果をより得るためには、甘い香りの中にしっかり香ばしさも味わえる上品な『ブルーマウンテン』がおすすめです。

コーヒー生産世界一のブラジルが誇る『ブラジルサントス』

コーヒー生産世界一の“ブラジル”にある、世界最大のコーヒー輸出港の“サントス”という港から出港されるため、『ブラジルサントス』という名前が付きました。『ブラジルサントス』もほとんどが標高800~1,200mの山脈から栽培されています。

ブレンドに最適といわれている『ブラジルサントス』は、香りを嗅ぐだけで脳が活性化され集中力が倍増するという結果が出ました。6種類の中でも一番高い効果です。

集中力を高めたいときは、あっさりしていて飲みやすく、コーヒー独特の香りやクセ、酸味が少ない『ブラジルサントス』がおすすめです。

上品な味を堪能できるコーヒー豆『グアテマラ』

『グアテマラ』は、中央アメリカ北部に位置する“グアテマラ共和国”で栽培されているコーヒー豆です。8つの生産地から品質の高い豆が栽培されていて、それぞれの標高や気候によって味が異なります。

『グアテマラ』は、香りを嗅ぐだけで脳からα波が倍増するという、ブルーマウンテンと並ぶ結果が出ています。リラックス効果を得たい方は、柑橘系の果物のように酸味が強く、フローラルな香りがする『グアテマラ』もおすすめです。

希少価値の高いコーヒー豆『マンデリン』

『マンデリン』は、インドネシアのスマトラ島にて栽培される豆です。スマトラ島にいる“マンデリン族”が、栽培を始めたことからこの名前が付けられました。

強い苦みととても濃厚なコクが味わえる『マンデリン』は、

ブラジルサントスの次に集中力を高めます。強い苦みやえぐさがなく、どれだけ深煎りしても消えないシナモンのような香りが、集中力を高めるきっかけとなっているのかもしれません。

魅惑的なコーヒー豆『モカマタリ』

イエメンのモカ港近くで栽培されるコーヒー豆も『モカマタリ』と言います。“モカ”は、世界最古のコーヒーブランドといわれていて、500年以上も変わらない味を楽しむことができます。

『モカマタリ』は二つの実験結果から、リラックス効果や集中力を高められないことがわかりました。そんな『モカマタリ』ですが、フルーティーな香りが特徴的な“最高級豆”と称されています。

ワインのような熟成された果物の香りが鼻から抜け、さっぱりとした酸味の中にほんのり感じられる甘みは、『モカマタリ』でしか味わえません。

世界三大コーヒーのひとつ『ハワイ・コナ』

『ハワイ・コナ』の名前にもある通り、“ハワイ島南西部”の“コナ地区”でのみ栽培されるコーヒー豆です。世界三大コーヒーの中のひとつにあたります。世界のコーヒー生産量のおよそ1%ほどしか流出がありません。

実験によって『ハワイ・コナ』は、マンデリンの次に集中力を高めることがわかりました。『ハワイ・コナ』の熟した果物のような香りが、脳を活性化させるのでしょう。

コーヒー独特のクセや苦みは少ないですが、強い酸味が好きでマイルドテイストを味わいながら集中力を高めたい方は『ハワイ・コナ』がおすすめです。

コーヒーの香りで睡眠の質が良くなるって本当?

コーヒーの香りで睡眠の質が良くなるって本当?

コーヒーの香りが睡眠の質を向上させることを知っていますか?コーヒーに含まれているカフェインは、眠気を覚ましてしまう成分です。しかし、香りを上手く利用することで睡眠の質が良くなります。

質の良い睡眠を取るためには、自分の好きなコーヒーの香り、甘い香り、刺激の少ない香り、フローラルの香りがするコーヒー豆がおすすめです。『ブルーマウンテン』『グアテマラ』の香りはリラックス効果が高いため、質の高い睡眠が取れるでしょう。

反対に、刺激の強い香り、爽やかな香り、柑橘系のフルーティーな香りは目を覚ましてしまいます。『ブラジルサントス』『マンデリン』『ハワイ・コナ』の香りは脳を活性化させるので、質の良い睡眠を取るためには避けることをおすすめします。

Coffeely編集部

マグカップいっぱいに自分の好きなコーヒー豆を入れて枕元におくだけで、オリジナルアロマが完成します。コーヒーを飲むのが苦手な方や、寝る前にコーヒーを飲む習慣がない場合は、このように香りのみを楽しんでリラックスしながら入眠する方法があります。

コーヒーの香り成分を上手く利用してリラックス効果を得よう!

コーヒーの香りは、豆の産地や種類によって得られる効果が違います。自分の好きなコーヒー豆の香り成分を把握して、上手く活用しましょう。また、コーヒーを飲むことでも得られる効果があります。脳と身体に良い影響が与えられるよう、1日の適量を守ることが大切です。