コーヒー豆のサブスクリプションをチェック ➡︎ Click Here

バターコーヒーダイエットが口コミで話題!その効果や方法&おすすめアイテム10選

アメリカで流行ったのをきっかけに、日本でも注目されている“バターコーヒー”を知っていますか?ダイエットができて健康にも良いといわれていますが、闇雲に行うと失敗の元。今回はバターコーヒーダイエットの効果や取り入れる方法、おすすめのアイテムを詳しくご紹介します。

口コミやブログで話題のバターコーヒーダイエットとは?

はじめにバターコーヒーダイエットとは、どのようなダイエット方法なのかを説明します。

バターコーヒーとは、グラスフェッドバターとMCTオイルをブラックコーヒーと撹拌したものです。

アメリカでは“Bulletproof coffee(防弾コーヒー)”と呼ばれ、「弾丸を防げるような強い身体になれる」という意味に由来しています。

バターコーヒーの生みの親はデイヴ・アスプリー氏というシリコンバレーの企業家です。

彼は世界中のダイエット方法を検証し、その結果チベットのバター茶に着想を得ながらバターコーヒーが誕生しました。

そして、バターコーヒーを朝食と置き換えてみると、体重減少とIQの向上が見られたという結果が出たのです。

その模様を描いた、『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』という著書は爆発的なヒットとなり、バターコーヒーダイエットはアメリカで流行したのち日本にもやってきました。

ちょっとしたポイントを押さえるだけで体重が落とせ、さらには健康的な身体づくりや日々のパフォーマンスの向上ができる、と話題になったのです。

バターコーヒーダイエットに期待できる効果

バターコーヒーダイエットは、単純に体重を落とすだけのダイエットではなく、それ以外の嬉しい効果も期待できます。どのような効果があるのか、チェックしてみましょう。

代謝がアップ

コーヒーに含まれるカフェインは、交感神経にアプローチするので、身体のさまざまな器官を活発に働かせることができます。

その結果、何もしていなくてもエネルギーが消費されやすくなり、自然と基礎代謝がアップします。

基礎代謝が上がると痩せやすく太りにくい身体になるので、ダイエット向きの身体づくりができるでしょう。

中性脂肪が減らせる

中性脂肪や悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化を起こしやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞が心配です。

しかし、バターコーヒーに入れるグラスフェッドバターには、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす“不飽和脂肪酸”が多く含まれています。

不飽和脂肪酸はサンマやイワシ、ナッツ類などに含まれている成分ですが、現代の日本人は通常の食事では不足しがちだと言われています。

その不足分をバターコーヒーで摂取でき、健康的な身体づくりに役立てることができるでしょう。

脂肪のため込みを抑制

コーヒーには、『ポリフェノール』が多く含まれているのをご存じですか?

コーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールには、糖質を分解する酵素を阻害し、糖質の吸収を緩やかにする働きがあるといわれています。

また、体内に溜まっている脂肪や新たに発生する脂肪の燃焼を促す働きがあるとされ、脂肪のため込みを防止する効果が期待できます。

血糖値を上げにくくする

エネルギーを摂取するために食事をしますが、そのときどうしても血糖値が上がってしまいます。

特にお米やパンなどの炭水化物は血糖値を急激に上げやすく、脂肪を溜めやすい環境を作ってしまうのです。

しかし、朝食をバターコーヒーに置き換えれば炭水化物を摂取せずに済むので、血糖値の上がり方を緩やかにすることができます。

朝食と置き換えでカロリーセーブ

バターコーヒーダイエットは、朝食をバターコーヒーに置き換えるダイエット方法です。

一般的な朝食のカロリーは500~600キロカロリー程度ですが、バターコーヒーは1杯200キロカロリー程度なので、差額の300キロカロリーをカットできるということになります。

また、バターコーヒーに入れるMCTオイルは、中性脂肪をエネルギーにできるので、体内の糖質を使わずに身体や脳を動かせるのです。

そのため、糖質切れによる空腹感が減り、さらに満腹中枢を刺激することができるといわれているので、食欲の抑制につながります。

慣れてくれば、朝食を食べなくても我慢できるようになっていくでしょう。

脳の働きを活性化

コーヒーのカフェインにより、集中力を高めることもできます。

交感神経に働きかけたり、睡眠物質の“アデノシン”を阻害したりするので、眠気覚ましにもぴったりです。

朝食にバターコーヒーを飲むことで、脳が活性化された状態で午前中の仕事や勉強を行えるでしょう。

アンチエイジングができる

コーヒーに含まれるポリフェノールは、コーヒーの褐色を出したり、苦みや香りの元になったりしています。

赤ワインやお茶に含まれていることも有名ですが、ポリフェノールは抗酸化作用があり、シミやシワの予防に効果的といわれています。

そのため、バターコーヒーを飲む習慣がつけば、アンチエイジングにも期待できるでしょう。

バターコーヒーダイエットの正しい方法

バターコーヒーダイエットは、誰でも気軽にできるダイエット方法です。しかし、正しい方法で行うことが重要なので、まずはやり方をご紹介します。

バターコーヒーダイエットでは、一日に摂取する糖質量を制限することが目的のひとつで、朝食をバターコーヒーに置き換えるというのが正しい方法です。

朝食ではバターコーヒー以外口にせず、プチ断食のイメージで行ってみてください。

慣れるまでは空腹を感じるかもしれませんが、慣れれば朝食作りが楽になり時短にもつながるので、誰でも気軽に行えるようになります。

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーダイエットの正しい方法と同じくらい大切なのが、バターコーヒーの正しい作り方です。

これを間違えては思うような効果が得られないので、正しい知識をつけましょう。

用意するもの

バターコーヒーを作るのに用意する材料は、コーヒー、グラスフェッドバター、MCTオイルの3つ、あとは撹拌するためミキサーやブレンダーだけです。

それぞれどのような役目があり、どのようなものを選べば良いのかをチェックしてみましょう。

  • コーヒー
  • 基本的にコーヒーは好きな種類を選んでOKです。豆から挽いてこだわるも良いですし、手軽なインスタントコーヒーでも問題ありません。

    インスタントの場合、あらかじめ砂糖やミルクが入っているものはNGなので気をつけてください。

  • グラスフェッドバター
  • グラスフェッドバターとは通常のバターとは異なり、牧草のみを食べて育った牛のミルクから作られたバターです。

    穀類で育った一般的な牛と、牧草のみで育った牛では、ミルクの成分が大きく異なります。

    その結果、グラスフェッドバターは“オメガ3脂肪酸”や、“酪酸”、“βカロテン”を多く含み、より健康に良いバターなのです。

    しかし、グラスフェッドバターは高額なのがネックなので、手に入れづらいという方は無塩バターで代用しても良いでしょう。くれぐれも有塩バターは使用しないようにしてください。

  • MCTオイル(中鎖脂肪酸オイル)
  • MCTオイルとは、ココナッツなどから“中鎖脂肪酸”のみを取り出して作られたオイルです。

    消化や吸収に優れ、短時間でエネルギーとなるのが魅力です。さらに、脂肪を燃やす効果が高いとされています。

    ココナッツオイルで代用しても良いですが、MCTオイルより中鎖脂肪酸の量が少ないので、バターコーヒーに入れる際は量を多めに入れましょう。

  • ブレンダーやミキサー
  • グラスフェッドバターとMCTオイルをコーヒーに入れた後、スプーンでかき混ぜることもできますが、ブレンダーやミキサーを使う方がおすすめです。

    しっかりと撹拌すれば、オイルを乳化させることができ、腸への吸収率が高まります。

    身体が脂肪をエネルギーにしやすくなるので、ぜひブレンダーなどを使ってみてください。

手順

【150~250ml程度抽出する場合の分量】

  • コーヒー…150~250ml
  • グラスフェッドバター…10g
  • MCTオイル…10〜15ml

  1. いつもの淹れ方でコーヒーを淹れる
  2. グラスフェッドバターとMCTオイルをコーヒーに入れる
  3. ミキサーやブレンダーで撹拌し、クリーミーになったら完成

作り方もとっても簡単ですね。初めてのバターコーヒーの方は、MCTオイルの成分でお腹が緩くなることもあるので、まずは5mlくらいから慣らしていきましょう。

あとはお腹の空き具合などによって、量を加減してみてください。

バターコーヒーダイエットを成功させる3箇条

バターコーヒーダイエットを成功させるため、次の3つのポイントに気をつけてみましょう。

バターコーヒーが美味しくないと続かない

美味しいと思えないものを飲むのは辛いので、好きなコーヒー豆を見つけるのも重要です。

また、しっかりと撹拌することで口当たりの良さが出て、腹持ちの良さも向上できます。

適当に作るのではなく、美味しさを追求して作ることで、長続きさせられるでしょう。

無理なく楽しむ

ダイエットをするときに大切にしたいのは、楽しむことです。

「辛い」と感じながら行なうと余計なストレスがかかり、続けることができなくなってしまいます。

バターコーヒーダイエット中でも、どうしてもお腹が空いていたときや、体調が優れないときなどは無理に行わないようにしましょう。

適度に自分を許すことで、結果的に効率良くダイエットができるかもしれません。

バターコーヒーだけに頼らない

バターコーヒーダイエットを始めた安心感で、他の部分で気が緩んではなかなか結果が出ません。

例えば、寒色にお菓子を食べたり、昼食や夕食で高カロリーなものを摂ったりすれば、バターコーヒーダイエットの効果が半減します。

適度な運動や良質な睡眠も大切なので、日々の生活もダイエット中らしく振舞ってみましょう。

バターコーヒーにおすすめアイテム10選

実際にバターコーヒーを作ってみたいという方のために、おすすめしたいアイテムを10選ご紹介します。

ヘルシーなのに濃厚で香り高いグラスフェッドバター

まずは、必要不可欠なグラスフェッドバターを2アイテムご紹介します。

ヘルシーさと濃厚さを兼ね備えているので、美味しいバターコーヒーを作ることができます。

【ウエストゴールド】グラスフェッドバター 無塩

『ウエストゴールド』の“グラスフェットバター 無塩”は、ニュージーランド産で、内容量は450gからたっぷり1kgまであります。

1kgのバターであれば、1日10gずつ使うことを考えると3ヶ月分はあるので、「毎日続けたい!」というやる気のある方にぴったりでしょう。

賞味期限も2年あるので、安心して使用できますね。

味わいはクリーミーなので、どちらかというと生クリームに近く、コーヒーとの相性もばっちりです。

【フラット・クラフト】ギー・イージー

『フラット・クラフト』の“ギー・イージー”は、正確にはグラスフェッドバターではありません。

“ギー”とは、バターを煮詰めることによって不純物やタンパク質を取り除いたもので、バターより香りが豊かです。

このアイテムも、グラスフェッドバターと同じようにバターコーヒーに使用できるので、甘い香りが好きな方におすすめです。賞味期限もたっぷり2年間となっています。

美容・健康分野で注目されているMCTオイル

次に、美容や健康にも効果が期待できるMCTオイルを2アイテムご紹介します。

短時間でしっかりとエネルギーになり、バターコーヒーダイエットの効果を高めてくれるでしょう。

【COCOLAB】MCTオイル 中鎖脂肪酸油 純度100% ピュアオイル

『COCOLAB』の“MCTオイル 中鎖脂肪酸油 純度100% ピュアオイル”は、2019年のモンドセレクションを受賞しました。

ヤシの実由来100%で、中鎖脂肪酸のみを贅沢に抽出しています。

製造工程管理基準を満たした証拠である、“GMP適合認定証”を受けた日本国内の工場で作られているので、安心して使えるでしょう。

無味無臭なので使いやすく、バターコーヒー意外にも料理や飲み物に入れて取り入れることができます。

【仙台勝山館】MCTオイル スティック

『仙台勝山館』の“仙台勝山館MCTオイル7g×30袋”は、小分けになっているので扱いやすいのが魅力です。家だけでなく、職場や旅行などにも持ち運びできます。

使用されている原料はココナッツオイル100%で、さらに脂肪酸はC8(カプリル酸)とC10(カプリン酸)のみが使用されているのが明確なのが嬉しいですね。

また、化学溶剤など一切使われていないので品質的に安心できるでしょう。

さらさらとしているので、嫌なべたつきやオイリー感が残ることもなく、嬉しい効果をナチュラルに享受できます。

ひとつ持っていると便利!撹拌用ブレンダー

本格的にバターコーヒーダイエットをはじめたいなら、ぜひ撹拌用のブレンダーを使って混ぜましょう。

しっかり撹拌できて扱いやすいブレンダーを、2アイテムご紹介します。

【カリタ】コーヒー ミルクフォーマー ふわふわミルクフローサー

『カリタ』はコーヒー機器専門メーカーで、“コーヒー ミルクフォーマー ふわふわミルクフローサー”は本格的なミルクフォーマーです。

泡立ちの良いフォームドミルクが作れるので、バターコーヒーの撹拌にもぴったりですよ。

68gと軽いので扱いやすく、スタンドが付いているので立てて収容することも可能となっています。

スタイリッシュにまとまるので、キッチンのおしゃれアイテムとしてもおすすめでしょう。

【イワタニ】クラッシュミルサー IFM-C20G

重量:[大容器時] 約1.5kg・[小容器時] 約1.4kg

『イワタニ』の“クラッシュミルサー IFM-C20G”は、ナッツや氷なども粉砕してしまうパワフルさが魅力です。

バターコーヒーを作るだけならこれほどのパワーはいらないのですが、レンジ加熱もできるガラス容器が使われているのがおすすめポイントです。

温かいコーヒーにも耐えられ、まるごと煮沸消毒することもできるので衛生面でも安心です。長く愛用できる一品になりそうですね。

手軽に飲みたい人向け!溶かすだけのインスタントバターコーヒー4選

最後は、もっと手軽にバターコーヒーが飲みたいという方のために、インスタントタイプを4アイテムご紹介します。

【ミウラタクヤ商店】チャコールバターコーヒー

出典:ミウラタクヤ商店

『ミウラタクヤ商店』の“チャコールバターコーヒー”は、独自のバターとMCTオイルパウダーが配合されたインスタントバターコーヒーです。

さらに、有機ジンジャー、有機マカ、活性炭など、JAS認定の有機栄養素が追加されているのも魅力でしょう。

お湯だけでなく水にも溶け、かき混ぜる時間はたったの10秒なので手軽に作ることができます。

トランス脂肪酸も80%カットしてあるので、安心して飲めるでしょう。

【フラットクラフト】エブリディ・バターコーヒー

『フラットクラフト』の“エブリディ・バターコーヒー”は、グラスフェッドギーが使用されています。そのためより濃厚な香りを楽しめ、美味しく飲めるでしょう。

さらに、鎖脂肪酸で構成されるシンガポール産のMCTオイル、ベトナム産の厳選されたコーヒー豆が使用され、コーヒーの味わいもしっかりあります。

砂糖、香料、保存料、合成着色料は不使用地なっているのが、嬉しいポイントです。

【Mother's Market】MCTオイル配合 粉末バターコーヒー

『Mother's Market』の“MCTオイル配合 粉末バターコーヒー”は、MCTオイルパウダーとバターパウダーが贅沢にブレンドされたアイテムです。

より手軽にバターコーヒーダイエットができるようにと作られ、お湯でも水でも溶かすことができます。

スティックタイプなので軽量の必要もなく、オフィスなどでも飲みやすいですね。

【ウォリアーコーヒー】有機インスタント バターコーヒー

『ウォリアーコーヒー』の“有機インスタント バターコーヒー”は、100%オーガニックなのが嬉しいアイテムです。

ナチュラル志向でも、しっかりとしたクリーミーさを感じることができ、味へのこだわりも感じます。

1杯分が小分けになっていて、6回分入っているのでお試しにもぴったりでしょう。

バターコーヒーダイエットで痩せない!?NG行動5パターン

ネットなどでバターコーヒーダイエットを調べてみると、「効果がない」「痩せない」などという口コミも見かけます。

効果の出方は個人差があるので、行った人全員が思ったように痩せられるわけではありませんが、ダイエットに失敗してしまった方はNG行動をしていた可能性もあります。

バターコーヒーダイエットの邪魔をしてしまう、5つの行動パターンをご紹介するので、気をつけて生活してみましょう。

指定のバターやオイルを使っていない

バターコーヒーで重要なのは、グラスフェッドバターとMCTオイルを使用することです。

普通の有塩バターやそのほかのオイルでは、バターコーヒーの効果を享受することはできません。この2アイテムだけはしっかりと選び、購入するようにしましょう。

バターコーヒーに砂糖を入れる

苦いコーヒーが苦手という方は、ついバターコーヒーにも砂糖を入れたくなりますが、それはNG行動です。

糖分の摂取を抑えるダイエットなのに、本末転倒になってしまいます。

バターコーヒーは決して甘くはありませんが、撹拌の仕方次第でクリーム―な味わいにでき、続けていれば慣れる味わいです。

余分な素材を入れないように気をつけましょう。

朝食を食べたり間食をしている

バターコーヒーダイエットは、朝食と完全に置き換えるダイエット法なので、バターコーヒーと一緒にほかの朝食を食べてはいけません。

また、朝食をバターコーヒーに置き換えられても、間食をしているようなら、朝食分でセーブしたカロリーをオーバーしてしまうので、努力が水の泡です。

バターコーヒーダイエット中は、なるべくおやつも控えるようにしましょう。

ハイカロリーで炭水化物中心の食事になっている

「朝食はバターコーヒーだけ、間食もしていない、だけど効果が出ない」という方は、昼食や夕食の食事はハイカロリーになっているかもしれません。

または、炭水化物の摂りすぎも考えられます。

炭水化物を完全に抜いてしまうのは危険ですが、少なめに摂取することを意識し、揚げ物などの高カロリーなものも避けるよう努力してみましょう。

運動をまったくしていない

運動をしないダイエットは、なかなか効果が出にくくダイエット後のリバウンドも心配です。

筋力がつくと基礎代謝が上がり、痩せやすい身体づくりができるので、よりバターコーヒーダイエットの効果が出やすいでしょう。

痩せるためだけの運動なら、月に4回、1回20分程度の軽い運動で良いので、身体も動かしながらバターコーヒーダイエットを行ってみてください。

正しい方法でバターコーヒーダイエットを成功させよう!

話題のバターコーヒーダイエットは、コーヒー好きにはたまらない気軽に始められるダイエットです。

押さえなければいけないポイントを守れば、効果を実感できるはずなので、継続して続けてみてください。

また、バターコーヒーダイエットと合わせて、栄養バランスの取れた食事や適度な運動も心掛け、無理のないダイエットを行っていきましょう。

コーヒーの香りがリラックス効果を与える?睡眠の質が良くなるそのワケとは