コーヒー豆のサブスクリプションをチェック ➡︎ Click Here

コーヒーシュガーおすすめ5選!人気の大容量タイプ&個包装スティックまで

コーヒーシュガー

コーヒーに砂糖を入れて飲む方は多いですが、本当にその砂糖で満足していますか?実はコーヒー用の砂糖、“コーヒーシュガー”というものがあります。「こだわりのコーヒーを飲みたい」という方におすすめしたいコーヒーシュガーの魅力や、人気商品をご紹介します。

コーヒーシュガーとは?まずは基礎知識

コーヒーシュガーとは?まずは基礎知識

「コーヒーに入れる砂糖なんてどれも一緒でしょ?」という方のために、まずはコーヒーシュガーの特徴や、魅力についてご紹介します。

コーヒーシュガーはコーヒー専用の砂糖

コーヒーシュガーは、コーヒーに入れるために作られた砂糖です。コーヒーに合うよう特化して作られているので、普通の砂糖を使うより更にコーヒーを美味しく楽しめるようになっています。

大きな特徴としては、主原料の氷砂糖にカラメル溶液やカラメル色素を加えられていることでしょう。

そのため色はブラウンで、一粒一粒が大きく金平糖のような見た目になり、カラメルの香ばしい香りも加わります。

コーヒー豆は焙煎の過程で香味成分が失われてしまいますが、ブラウンシュガーを入れることで香味をプラスすることができ、より美味しく飲めるようになるのです。

溶けにくさがポイント!味の変化を楽しむシュガー

コーヒーシュガーはゴロゴロとした大きな粒も特的で、コーヒーに入れてもすぐには溶けきらないようになっています。

「コーヒーに溶けにくい砂糖では本末転倒では?」と感じるかもしれませんが、これこそがコーヒーシュガーの魅力です。

コーヒーに簡単に溶けないことから、徐々に変わっていく味を楽しむことができます。

時間と共にコーヒーシュガーが徐々に溶け、最後はデザート感覚で甘さを楽しめます。コーヒーシュガーは、時間とともにコーヒーの味の移り変わりを楽しめる砂糖です。

Coffeely編集部
入れた瞬間は甘さが弱く、最初から甘いコーヒーが飲みたいという方にはあまり向きません。

ほかの砂糖との違いは?

コーヒーシュガーの特徴はカラメルが使用され、コーヒーに溶けにくいということでした。

それでは、他の砂糖とはどんな違いがあるのでしょうか?詳しくご紹介します。

グラニュー糖との違い

グラニュー糖は、てんさいやさとうきびの液を抽出し、ショ糖を結晶化させることで砂糖にしています。

粒が小さくさらさらとしていて、コーヒーにも溶けやすいのが特徴です。

Coffeely編集部
コーヒーに均一な甘さを求めている方におすすめの砂糖でしょう。

角砂糖との違い

角砂糖はグラニュー党の仲間でさらに、糖液を加えて固め、四角い形に固めたものです。そのため味わいはグラニュー糖に近く、十分な甘さを感じられます。

Coffeely編集部
1個で3~4gになっているので、コーヒーに入れる分量を量りやすいです。

白砂糖との違い

料理にも使う白砂糖は、日本の家庭に1番よくある砂糖でしょう。グラニュー糖や角砂糖より甘みが強いのが特徴で、しっかりと重みがあります。

Coffeely編集部
癖は強くないのでコーヒーの風味を邪魔しませんが、味わいの深さには欠けます。

日本初のコーヒーシュガーは “ロザッティ”

コーヒーシュガーは『三井製糖』という会社が、1987年に“ロザッティ”という名前で売り出されたのが日本でのはじまりです。

コーヒーシュガーはヨーロッパなどでは古くから親しまれていましたが、日本ではコーヒーといえばブラックコーヒーのイメージが強く、砂糖を入れる習慣がそこまで広まっていませんでした。

しかし『三井製糖』は、コーヒーの美味しさをさらに広げるため、コーヒー専用の砂糖としてコーヒーシュガーを売り出し、今でも愛され続けています。

人気のコーヒーシュガーおすすめ5選!

大容量タイプ&個包装スティック|おすすめコーヒーシュガー5選

それでは、通販でも購入できるおすすめのコーヒーシュガーをご紹介します。実際にコーヒーに入れて、その味わいを楽しんでみてください。

【三井製糖】ロザッティ® コーヒーシュガー

日本初のコーヒーシュガーである『ロザッティ®』は、やっぱり外せません。

コーヒー豆を焙煎することで生まれるカラメル成分が、あの良い香りを生み出していることから、『ロザッティ®』のコーヒーシュガーにもカラメルがしっかり染み込ませてあります。

そのため、溶けるごとに香ばしい香りとコクやふかみのあるあじわいを実感できるでしょう。

また、シュガーの結晶が大きいのも特徴で、時間をかけてゆっくりと溶け出し、ゆとりのあるティータイムを過ごすことができます。

【中日本氷糖】コーヒーハイシュガー

コーヒーを飲む頻度が高い方や、甘いコーヒーが好きな方におすすめなのが、『中日本氷糖』の“コーヒーハイシュガー”です。

たっぷり入った大容量なので、コスパにも優れています。シュガーは細かく砕かれた細目タイプなので、早くコーヒーに溶かしたいときにも重宝するでしょう。

優しい味わいも人気です。

【日本製糖】カップ印 コーヒーシュガー

『日本製糖』の“カップ印 コーヒーシュガー”は、王道のコーヒーシュガーです。カラメルの茶色が濃く、一粒一粒も大きめ。コーヒーが持つ本来の味わいを引き出しながら、まろやかな仕上がりにしてくれます。コーヒーの苦みや酸味を感じたいときは少なめに、甘いのが好きならちょっと多めに入れるなど、分量の調整がしやすい大容量タイプです。

【ブルックス】コーヒーシュガースティック

コーヒーシュガーをより使いやすくしてあるのが、『ブルックス』の“コーヒーシュガースティック”です。

1本6g入りのスティックで、コーヒー1杯にぴったりの分量。さらに従来のコーヒーシュガーより細かく砕いてあるので、コーヒーに溶けやすくなっています。

携帯しやすいので、職場などにも持って行って使えるでしょう。

【キーコーヒー】コーヒーシュガー スティックタイプ

『キーコーヒー』の“コーヒーシュガー スティックタイプ”は、高品質で純度の高い糖液に、たっぷりじっくりカラメルを溶け込ませたコーヒーシュガーです。

小さめの粒にしてあるので比較的コーヒーに溶けやすく、スティックタイプなのも使いやすいポイントでしょう。1本3gと少量なので入れる量を調整しやすく、甘さを控えめにしたい方にもぴったりです。

コーヒーシュガーでおしゃれなティータイムを過ごそう

コーヒーシュガーでおしゃれなティータイムを過ごそう

コーヒー専用の砂糖であるコーヒーシュガーは、コーヒーを甘くするだけでなく味わいを変化させて、コーヒーを飲む時間をより楽しませてくれるアイテムです。

コーヒーに風味をプラスするため、より深い味わいを感じられるでしょう。

これからはグラニュー糖や角砂糖だけでなくコーヒーシュガーを用意して、おしゃれにコーヒーを飲んでみませんか?